沖縄へ琉球ドラゴンプロレスを観に行きました

レポート

2014年の12月に、沖縄を拠点とするプロレス団体

琉球ドラゴンプロレスを現地観戦しました。

試合の観戦記はすでに、『たこ焼きマシン.com」に

アップロードずみですが、試合以外の会場の様子や、

沖縄観光旅行について紹介します。

rep_rdpw_150221_0004

rep_rdpw_150221_0007 

今回はJALのパッケージツアーを利用しました。

中部国際空港セントレアからのフライトです。

rep_rdpw_150221_0011

rep_rdpw_150221_0012 

那覇空港にはモノレール駅が直結しています。

rep_rdpw_150221_0026

宿に荷物を預け、まずは那覇市最大クラスの繁華街

国際通りへ足を運びます。

目当てはこのビルです。

rep_rdpw_150221_0028

この5階・空白の部分が目的地です。

rep_rdpw_150221_0029

rep_rdpw_150221_0032 

エレベータから出るとシャッターが下ろされています。

ここには沖縄プロレスが常設会場として使用していた

デルフィンアリーナ国際通りがありました。

団体ロゴの入った看板が残されていました。

rep_rdpw_150221_0019

那覇バスターミナルからバスに乗り、沖縄市へ移動します。

rep_rdpw_150221_0042

那覇からおよそ1時間ほどで沖縄市へ到着です。

rep_rdpw_150221_0040

今回の会場、コザミュージックタウンです。

rep_rdpw_150221_0044

開場まで時間があったのでブラついていると、

この日参戦する入江茂弘選手(DDT)が会場入りする

ところに遭遇しました。

オレンジ色の大きな包みは、入場時に着用する

鎧コスチュームです。

空港での荷物検査ではそのまま「衣装です」と

申告したとのことです。

rep_rdpw_150221_0045

会場付近を散策します。米軍基地がそばにあるためか、

メインストリートにはテーラーショップ、ライブハウス、

タトゥースタジオなどが立ち並びアメリカのような光景です。

rep_rdpw_150221_0055
rep_rdpw_150221_0058 

会場に戻ります。コザミュージックタウン3階の

「音市場」が今回の会場です。ホールやスタジオなどが

入る音楽施設ですが、今回はメインホールが使用されています。

rep_rdpw_150221_0060

rep_rdpw_150221_0061

リングの一辺と、ステージが接する形で設営されていました。

rep_rdpw_150221_0067

琉球ドラゴンを主宰する、グルクンマスク選手が
あいさつし、大会開始です。

rep_rdpw_150221_2198

rep_rdpw_150221_2957 

試合の詳しい観戦記は下のリンクからご覧下さい。
この他沖縄旅行記は別の記事として掲載予定です。

外部リンク
12/21 琉球ドラゴンプロレス 「KOZA BATTLE FESTA4」
コザミュージックタウン

関連記事

特集記事

TOP