3:岩本煌史 vs レッカ

レッカ7番勝負の第3戦。岩本がスポルティーバアリーナで試合をするのは昨年の「プロレスリング エイト」以来。ロックアップからスタンドで腕のとり合い。

レッカアームドラッグ2回、ドロップキック。場外ダイブを狙う。一度は岩本にスカされるが、岩本を再びドロップキックでリングから落としプランチャ・スイシーダ。

レッカ、岩本の左腕を鉄柱へ叩きつけ、ショルダーアームブリーカー、リングに戻し腕固め。

レッカロープへ振ろうとするが、岩本引き込んで一本背負い。

岩本ネックスクリュー、クラバットから倒れ込むネックブリーカー。

岩本さらに頭部へ攻撃を集める、首スジへエルボースタッブ、クラバット、フライングメイヤーからロープへ跳んでニードロップ。

レッカエルボー、岩本応えて打ち合いになる。

レッカバックドロップを狙う。岩本ブロックし、DDT、STF。

再びエルボーのラリー。レッカかがんでかわし、抱え込み式バックドロップ。

レッカ串刺し式のバックエルボーとラリアット、ゼロ戦キック。

レッカワキ固め、左腕をハンマーロックに固めてのSTO。

レッカブレーンバスター狙う。岩本こらえ投げ返す。レッカ立ち上がりジャンピングトラースキック。両者ダウン。

レッカロープへ跳ぶ。岩本ニーアッパー。

岩本ジャーマンスープレックス、さらにドラゴンスープレックスを狙う。

レッカ振りほどき、左腕を蹴り上げてローズプラント。

レッカ、ドリームバレードライバー。

レッカ、腕固め。岩本エスケープ。

レッカの追撃を岩本ブロックして高速ドラゴンスープレックスホイップ。

岩本ラリアット、バータブレイカー。

岩本、孤高の芸術でカウント3。危なげない完勝。

リング上で参戦選手たちによる記念撮影。全試合に名古屋から巣立っていった選手が出場し、他地域の選手と試合をしたこともあり、偶然ながらも愛プロレス博の番外編のような興行だった。

両者が掲載されているローカルプロレスラー図鑑はこちら