SUPER たこ焼きマシン.com

岩本煌史 vs 石田慎也 全対戦成績(2014年)

コラム ,,,  

たこ焼きマシン(ローカルプロレス探求家)です。

過去2回の記事

岩本煌史 vs 石田慎也 全対戦成績(2012年)
岩本煌史 vs 石田慎也 全対戦成績(2013年)

に続き、岩本煌史 vs 石田慎也の、2014年の戦績を振り返ります。

第16戦

3月26日 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 Sportiva Arena
○岩本煌史(13分34秒 ジャーマンスープレックスホールド)石田慎也×

 
 

第17戦

5月14日 スポルティーバ 「水曜カレープロレス(仮)」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ
△岩本煌史(20分時間切れ引き分け)石田慎也△

 

第18戦

5月18日 愛知中小企業同友会 「こどもおしごと体験」 名古屋・吹上ホール
○岩本煌史(タイム不明)石田慎也×
ブレーンバスター

 

第19戦

8月3日 スポルティーバ 「最終日だよ、全員集合!!」 名古屋・鶴舞スポルティーバアリーナ
○岩本煌史(20分24秒 体固め)石田慎也×
※エルボー

 
 
 

前年までと比較し、試合数が減りました。

理由は石田と岩本が、他団体参戦機会が増えたことや
スポルティーバの定期興行「水曜カレープロレス(仮)」、
「金プロ」、「土プロDX」での対抗戦やゲスト選手との
試合が増えたことが挙げられます。

デビュー直後は視線が足下ばかりを向いたり、攻撃を
受けた後に動きが固まったりすることが目立ちましたが
2014年に入り、ふたりとも落ち着きが見え始めています。

また様々な技を試すようになり、自身のスタイルを
模索し始めた時期でもあります。

岩本はドラゴンスリーパー(後に腕とり式に発展)、
石田はヘッドロックドライバーなど、現在ではなかなか
見られない技を使用しています。

 

この年、2014年8月にスポルティーアリーナがいったん
閉鎖(同年12月再開)されたことや、この対戦そのものが
スポルティーバエンターテイメントの看板カードになり、
ここぞという時に組まれるカードになったため、回数は
少なくなりましたが、どの試合も濃い内容でした。

看板カードですが、ただ一度のみ無料イベントで組まれたのが
「こどもおしごと体験」(愛知中小企業家同友会が主催する
職業体験イベント)なのが面白いところです。

次回は2015年、ではなくプレイバック番外編の予定です。

▼オンラインストア

 

『ローカルプロレスラー図鑑+2016』
『ローカルプロレスラー図鑑2017』
※岩本は『+2016』のみに収録

スポンサーリンク

Please follow and like us: